建設業29業種の入札参加資格審査における「主観的事項の審査」とは?

目次

建設工事を受注するためには、発注機関ごとの入札参加資格が必要です。

また、その資格を取得するための審査では経営事項審査(経審)の結果が利用されるほか、発注機関によっては独自の基準による審査が行われています。

そこで本資料では、建設業29業種の入札参加資格の審査方法を踏まえ「主観的事項の審査」について実際の例を用いて解説していきます。