入札業務の効率化のための社内体制

目次

20兆円を超える規模を持つ官公庁入札は多くの企業の注目を集めていますが、一方で本格的に入札に参加することは容易ではありません。本資料では入札業務を効率的に行うための基本的な社内体制について詳しく解説していきます。